2012年01月13日

上級教師水上のテニスワンポイント

おはよう御座います。草加駅前テニスショップ店長の水上です。文科省認定上級教師の資格を持つ、店長のワンポイントレッスン。
どこに力を入れたら良いか。ボールを捕らえる時ラケット面がブレないようにしっかり握ってしまう方多いと思いますが、生卵を握るように優しくグリップは、包み込むような力加減で大丈夫です。人差し指と親指に力が入ると腕の外側の筋肉が収縮し、それが肩まで影響し、肩が緊張し動きが悪くなります。しかし、小指、薬指で握ると腕の内側の筋肉が緊張して腕の外側が、程良くほぐれます。肩の動きが良くなれば腕は、勝手に振れます。腕の力でラケットを動かさず、肩が動くと腕が動きラケットが動くという運動連鎖が大切です。
posted by 理恵たそ〜 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | バッグ、小物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53073862

この記事へのトラックバック